Let's talkX

お問い合わせはお気軽にどうぞ

お問い合わせ

X

Let's talk

X
View results on a new page

Boy Scouts of America | 製造部門

Boy Scouts of Americaは、小ロットのアパレルウェアを、手間のかかる高価なスクリーン印刷を使わずに、必要最小限の人員で生産する能力を必要としていました。そのために、従来のスクリーン印刷を検討しましたが、こうしたニーズには適しません。スクリーン印刷では、グラフィックデザインのスキルと複数の人員が必要になるうえ、プロセスが複雑なため、長いリードタイムの大ロットアパレルでないと採算がとれないからです。そこで選んだのが、Kornit Storm IIです。

ボーイスカウトのニーズに迅速に対応するために

BSA/ManufacturingはBoy Scouts of America(BSA)の唯一の製造部門で、世界各地のボーイスカウトに刺しゅう製品を提供するために大規模なサプライヤーネットワークと連携をとりながら、アパレルのニーズに対応しています。しかし、小ロットのアパレルの場合はサプライヤーネットワークからの納品が間に合わないことがあり、その時はBSA/Manufacturingが社内で製造しなければなりません。そのために、従来のスクリーン印刷を検討しましたが、こうしたニーズには適しません。スクリーン印刷では、グラフィックデザインのスキルと複数の人員が必要になるうえ、プロセスが複雑なため、長いリードタイムの大ロットアパレルでないと採算がとれないからです。

Kornitを選んだ理由


スクリーン印刷の次にBSA/Manufacturingが検討したのは、ダイレクト・トゥー・ガーメント(Direct to Garment:DTG)です。この技術では多くの面でKornitのテクノロジーが際立っていました。決め手となったのは、簡単に使えること。Kornitのプリンターなら、たった一人で運転できるので、20人しかスタッフがいないショップには大きな魅力でした。また、プリンターの耐久性が高く、忙しいサマーキャンプのシーズンには3シフトでほぼ連続運転可能。残りのシーズンも月間1,200枚の生産ニーズを十分満たすことができます。

Kornitのテクノロジーは、多様なプリント素材に対応できる点も重要な決め手となりました。ボーイスカウトとリーダーがサマーキャンプのアパレルに求めているのは、単なる綿のTシャツではなく、汗を吸収し外へ逃がす衣服です。BSAは、業界をリードするガーメント製造会社のSanmarと協力して、Kornitのプリンターで様々なポリエステル素材を試し、品質、スピード、色の再現のすべてを満足させる生地を探しています。Kornitのプリンターには前処理機能が組み込まれているので、スプレーとヒートプレスを手作業で行う必要がなく、プロセスを加速できることも決め手となりました。

BSAが導入したのは、プリントヘッドが調節可能なKornit Storm IIです。それは、ボーイスカウトの間で世界的に人気のあるファスナー付きの衣服やパーカーにも簡単にプリントできるからです。また、青少年のアウトドア活動を促進するBSAにとって、持続可能性も大きな関心事です。環境に優しいインクを使うKornitのプリンターは、この点でも有利でした。

BSA/ManufacturingはKornit Storm IIを選んだことに非常に満足しています。このプリンターのおかげですべての課題が解決し、BSAは急を要するボーイスカウトのイベントに短期間でアパレルを提供できるようになりました。トレーニングや人員を最小限に抑えながら、高い品質、持続可能性、スピードを得る。このすべてを満たしたのがKornitです。