Let's talkX

お問い合わせはお気軽にどうぞ

お問い合わせ

X

Let's talk

X
View results on a new page

Earth Sun Moon

Earth Sun Moonは、複数のKornit Breeze装置を使うことで、繁忙期の注文を効率的に処理しています。

Earth Sun MoonとKornit Digital – お互いに信頼できる関係

 

軽量のBreezeで作業するEarth Sun Moonのスタッフ米国ペンシルベニア州ピッツバーグ郊外のグローブシティに拠点を置くEarth Sun Moon Trading Companyは、1996年からユニークなプリントを製造しています。社長のNathan Depew氏が、一風変わったクリエイティブで刺激的なデザインを専門に手掛けるにようになったのがきっかけです。パーソナライゼーションが徐々にガーメントの装飾のトレンドとなり始めた頃、Earth Sun Moonは顧客のニーズに応えようとデジタルプリントビジネスへの拡大を図るために、Kornitの初期モデルの一つであるKornit 931 Incaプリンターを初めて導入しました。このプリンターで事業を軌道に乗せることができた同社は、増大する顧客のニーズに応えるために、さらに4台のシステムを購入しました。

Earth Sun Moonは、顧客が利用できるオンラインのデザインセンターおよびパーソナライゼーションショップとして「Ink Pixi」という新しいオンラインベンチャーを立ち上げました。少ない量や納期の短い注文に対応するためには、稼働させる機種を切り替えなければなりません。そこで同社は、生産量に応じて一時的に生産ラインから外し別の場所に移動できる小型のポータブルDTG(Direct to Garment)プリンターを数台購入しました。現在同社はKornit Breezeプリンターを18台運用しています。

 

探していた柔軟なソリューションをKornit Breezeに見い出す

 

Earth Sun Moonのビジネスが最盛期となるのは、クリスマス、父の日、セント・パトリックス・デーの年3回です。

時期的な生産量の増減に応じてコストを調整するために、同社は2、3台のBreezeプリンターを1つのグループEarth Sun Moonの印刷室にまとめ、それらを1人のオペレータで運転する方法をとっています。

生産量が増えた場合は、さらに別のグループを稼働させます。Earth Sun Moonの生産マネージャDon Shaw氏は、次のように述べています。「Kornitの製品、特にBreezeを選んだ理由はその柔軟性です。生産量を落としたい時や、技術的な問題が発生した時は、 機械を移動させることができますから」Shaw氏はさらに、Kornitブランドを選んだもう一つの大きな理由は品質と価格であるとしています。「当社の敷地は836平方メートルありますが、その半分をデジタルガーメントプリントに充てています。そのため、資本コストはとても重要であり、その点でKornit Breezeは他社の製品より優れていました」

Earth Sun MoonがKornit Digitalとパートナーを組みたいと思った動機は、同社の新しいeコマースサイトである「Ink Pixi」のカスタムインターフェイスの開発で協力が得られるからです。顧客は現在稼働中のこのサイト(InkPixi.com)にアクセスして、Earth Sun Moonの膨大なアートワークポートフォリオとガーメントオプションを使い、カスタムのアパレルをデザインできます。個々のオーダーは直接Breezeのキューに送信されプリントされるので、仲介の作業や顧客の待ち時間を伴いません。

この生産モデルを軌道に乗せるのは簡単なことではありませんでした。同社の顧客グループ向けの最初のモデルの導入時には、Kornit DigitaがShaw氏や彼のチームと密に連携を取りながら、18台の全Breezeシステムを直結させ、最高の速度と品質が得られるように調整しました。

 

カスタマイズした製品を最高の方法で顧客に提供するために、引き続き協力

 

稼働中のKornit Breeze

Earth Sun Moonは、18台の全装置で一定した品質が得られるよう、2010年からKornit Digitalと共同で生産ラインの同期に努めています。パーソナライゼーションのニーズが増大する一方で、顧客は最高品質のアートワークやプリントを渇望しています。  Earth Sun Moonの最高財務責任者(CFO)Stephen Tessier氏は言います。「私たちはパーソナライゼーションのビジネスにいますが、それはもう当たり前のこと。顧客はより質の高いアートワークやデザインを求めており、Kornitのプリンターならそれに対応できます」