Let's talkX

お問い合わせはお気軽にどうぞ

お問い合わせ

X

Let's talk

X
View results on a new page

Just Sew Sports

Just Sew Sportsがカスタマイズプリントの新しい市場にどのように対応しているかを紹介します。

Just Sew Sportsについて

Just Sew Sportsは、スクリーン印刷や刺繍、デジタルサイン、そしてDTG(Direct to Garment)プリントサービスを提供する総合ガーメント装飾ショップです。米国ウィスコンシン州オコノモウォックに拠点を置く同社は、学校、中小企業、大企業などの顧客を抱えています。

小口注文やカスタマイズされたシャツを求める新しい需要に応えるために、Just Sew Sportsは自分たちの事業に最適なDTGプリンターを探していました。

チャレンジ:カスタマイズプリントの新需要に応える

Just Sew Sportsが探していたDTGプリンターにはいくつかの条件がありました。まず、1時間当たり30~60枚以上の生産能力を持ち、テクノロジーやソフトウェアを随時改善できること。そして、財務面では、1年以内に機械の代金を相殺でき、稼働1時間当たり125米ドル以上の利益を生み出せることです。Just Sew SportsのCharles Thelen氏は言います。「装置に対する条件は様々ありましたが、そのすべてをクリアすることができました。ソフトウェアは改善され、機械はどんどん速くなっています。最新のQuickP Designer 2.0ソフトウェアでは、生産性が15パーセントも向上しています」

「Breezeはオールアラウンドの素晴らしい装置です」と、Thelan氏は言います。「他社と競争する上で、最も大きなメリットはKornitを味方につけたことです」。こうしたテクノロジーやソフトウェアに加え、Thelen氏はKornitの国際的なカスタマーサポートセンターも大きな魅力だとしています。「Kornitはスタッフも充実しています。当社にはたくさんの装置がありますが、Kornitのサービスがベストです」

ソリューション:Kornit BreezeとQuickPソリューションで高品質のプリントを作り出す

Just Sew Sportsは同社のビジネスの将来とKornitとのパートナーシップを見越し、Kornit Breezeの稼働と、より大型のプリンターの購入を近々計画しています。15,000枚のプリント生産能力と故障のない装置があれば、トレンドに対応し続け、少量のカスタマイズプリントも顧客に提供していくことができます。