Let's talkX

お問い合わせはお気軽にどうぞ

お問い合わせ

X

Let's talk

X
View results on a new page

Tin Tan Ton

Kornit Breezeにより、これまでにない新しいカスタマイゼーションサービスを顧客に提供できるようになりました。

Tin Tan Tonについて

イスラエルに拠点を置くカスタマー/アパレルショップのTin Tan Tonは、2010年に携帯電話ケース、マウスパッド、マグカップなどの小物雑貨のパーソナライズ・プリント事業に乗り出しました。個人向けや企業の販促用のウェア、グッズなどをカスタマイズするトレンドが拡大しているのを見据え、同社はオーダーメードのDTG(Direct to Garment)ソリューションを顧客に提供する事業を徐々に拡大していくことを決めたのです。そこで同社はこの事業に最適なプリント装置を探し始めました。

カスタマイズDTGのニーズに最適なソリューションを求めて

念入りな調査を行ったあとにTin Tan Tonが選んだのは、Kornit Digitalでした。小型でありながら、高い品質のプリントが得られ、顧客のニーズに応じてプリントを素早くカスタマイズできるKornit Breezeは、競合他社との差別化を図る上で最高のソリューションでした。「私たちはTシャツに高品質のプリントができるデジタルプリントソリューションを9か月間探し求め、やっとKornit Breezeを見つけました」と、オーナーのEden Zelivansky氏は言います。

顧客にこれまでにないカスタマイゼーション/パーソナライゼーションサービスを提供する

Tin Tan TonはKornit BreezeがTシャツや枕カバー、スカーフ、よだれかけの高品質プリントに最適なデジタルソリューションであることを突き止めましたが、これによって思いもよらない新たな道も開けました。Kornit Breezeの汎用性を活用することで、カスタマイゼーションで今日最も画期的と言われる、靴のデジタルプリントが可能になったのです。その方法とは?綿の素材にデジタルでデザインをプリントすることで、同社は靴の柄を自社で作り、それを専門業者に送って靴に仕上げてもらうことができるようになりました。Kornit Breezeは様々な素材にかつてない色域でプリントできるため、どんなデザインでも靴やシャツなどとして商品化できます。つまり、DTGプリントのポートフォリオが格段に広がったことで、顧客は自分の好みのデザインを使ってオリジナルの靴やシャツ、バッグをオーダーできるようになったのです。「Kornit Breezeなら、既製品にどんなデザインでもプリントできるし、綿素材にデザインをプリントしてその布で靴を作ることだってできます。本当にすごいことです」と、Zelivansky氏は言います。Kornit Breezeにより、Tin Tan Tonは個成化、クリエイティビティ、パーソナライゼーションを求める顧客のニーズに応えられるようになりました。

カスタマイズした靴が大ヒットしたことを受け、Zelivansky氏は男性用と女性用の靴を全サイズ取りそろえる予定です。デザインの完全なカスタマイゼーションによる今回の成功はKornit Breezeのおかげであると認めるZelivansky氏は言います。「Kornitなしでは生き残れなかったでしょう」と。

Kornit DigitalはTin Tan Tonの成功に貢献できたこをと誇りに思い、今後も同社のさらなる飛躍に協力していく予定です。

 

Tin Tan Tonがプリントしたブーツ Tin Tan Tonがプリントした靴 Tin Tan Tonがプリントした靴