Let's talkX

お問い合わせはお気軽にどうぞ

お問い合わせ

X

Let's talk

X
View results on a new page

Visual Impressions

Visual Impressionsは、プリント速度、プリントの鮮明度、色の明るさを向上させ、新しいオンラインeコマース市場のニーズも満たす生産能力を得るために、Kornit Avalanche 1000を使用しています。

成長著しいeコマースの世界へ事業を拡大

米国ウィスコンシン州ミルウォーキーに拠点を置くVisual Impressionsは、ガーメントの装飾ビジネスのリーダーとして20年以上活躍している企業で、主にASI業界にプリントサービスを提供しています。9,290平方メートルに及ぶ施設は、米国中の顧客のスクリーン印刷と刺繍のニーズを一括管理できる規模です。同社のチームは卓越した品質の製品を生産しようと、日々努力を続けています。

デジタルプリントが台頭し始めた頃、Visual Impressionsはこのニーズに応えるために、2005年にKornitの初期モデルであるKornit 931を1台購入しました。この装置は今も順調に稼働しています。現在は、自動スクリーンプレスを11台、刺繍用のヘッドを100基所有しています。2013年に、同社はオンラインのeコマースTシャツ事業を始めようと新しいパワフルなWebサイト「Ink to the People」を開設し、そのために小ロットにも大ロットにも可能な限り迅速に対応できるプリンターを探していました。

高速プリント、小ロット生産、翌日配送が可能なプリンターを求めて

Visual Impressionsは、こうしたニーズに対応するために、同社の世界クラスのプリントシステムにKornit Avalanche 1000を加えました。インターネットの普及により、消費者は素早い注文処理が当たり前と感じるようになりました。業界の標準的なリードタイムは7~10日から3~5日へと縮まり、商品をより頻繁に、より少ない数で注文する消費者が増えています。Visual Impressionsの挑戦は、市場で競争力を持ち、増え続ける生産ニーズに対応できるプリンター、つまり効率性、機械の信頼性、スピードに優れ、なおかつ高品質のプリントを生産できるプリンターを見つけることでした。Visual ImpressionsのCOOであるMarshall Atkinson氏は語ります。「Kornit Avalanche 1000は、私たちのニーズにぴったりな使いやすい生産プラットフォームです。キューにあるアートをガーメントにワンステップで簡単にプリントでき、自動の前処理システムも内蔵されているので効率的です。シャツをセットしたら、あとはボタンを押すだけ。それでプリント完了です。スポーツカーを運転できるのに自転車に乗る理由はありませんね」

Kornit Avalanche 1000は、デュアルブリッジシステムを搭載した真の並列プリントが可能であり、淡色と濃色ボディの両方のガーメントを最速でプリントできます。さらに、加湿コントロールシステムとバックアップ電源システムを内蔵した信頼性設計であることも、Kornitのプリントソリューションの強みです。「私たちには、どんな仕事もこなせる信頼性の高い生産能力が必要です。Avalanche 1000なら、いつでも最高の結果が得られます」

Visual Impressionsは持続可能性と環境に対する意識も高く、それがKornit Digitalとパートナーを組んだもう一つの理由です。KornitのNeoPigment™インクはすべて厳格な環境基準に適合しており、染料ベースの調色も効率化されています。「水性インクを使うKornitの装置は資源の節約や環境保全に役立つほか、スクリーン印刷に比べて消耗品も限られるため、当社のCO2の削減に非常に大きな効果を上げています」

淡色と濃色の両方で顧客の信頼を勝ち取る

Visual ImpressionsとKornit Digitalは、B2BからB2Cに至る顧客との強い信頼関係を築くために、2005年から提携しています。顧客満足に対する強いこだわりという両者の共通認識が、長きにわたりデジタルプリントにおける良好な関係を育んできました。現在、Visual Impressionsは年間600万枚のプリントを生産しており、1日12枚、48枚、100枚の小ロット生産に対応しています。

「Kornitのチーム全員が当社の成功のために尽力してくれています。世界クラスのプリントシステムを作り上げたのは彼らであり、当社が世界クラスの生産を持続できるようにするのも彼らの目標です。こうした協力はかけがえのないものであり、他社のDTGプリンターを使うなど考えられません」

 

Visual Impressionistの作業場 虎のプリント 都会の風景