Let's talkX

お問い合わせはお気軽にどうぞ

お問い合わせ

X

Let's talk

X
View results on a new page

QuickP Designer 2.2

複数のジョブの処理と制御を1つのアプリケーションで

特長

  • 処理速度が最大5倍向上し、生産性もアップ

  • セットアップとコントロールが簡単

  • 新しい画期的なカラーマネジメント

All about QuickP Designer 2.2

  • プリントデータをオフラインで準備

  • RGBファイルをCMYKに変換するためのカラーマネジメントとICCプロファイルに対応

  • 白とスーパーホワイトの不透明度を完全に自動制御

  • 新しいインク消費見積りツール

  • 高度な半透明画像処理

  • 色の濃度を3段階の彩度で定義

  • ホワイトチャンネルのプレビュー

  • 納期と生産スケジュールの短縮により、コストを削減

  • 画像処理を自動と手動で行えるオプション

  • QuickP Designerで白のレイヤーを作成、Photoshopは不要

もっと見る

Kornitプリンター用のQuickP Designer 2.2は、他社製の高価なアプリケーションを使わずにすばやく画像処理が行える最先端の機能を搭載しています。そのずば抜けた多様性により、複数のジョブの処理と制御が可能。極めて使いやすいインターフェイスと便利な自動化ツールも備えています。

Photoshopや他社製アプリケーションは不要です!

QuickP Designer 2.2は、卓越した品質の画像を作り出せるため、タイトな生産スケジュールでも安心です。淡色ボディと濃色ボディのどちらのプリントでも精巧な図柄に様々な色や網掛けを施し、顧客の依頼どおりに最高品質のカスタムプリントを制作できます。

  • 低TCO(総保有コスト) – 処理速度が向上するため、生産性も向上します。
  • 改善されたワークフロー – より簡単になったセットアップと制御、より大きいプレビュー領域、一般的な外観のインターフェイス、ホワイトレイヤーの自動作成、Kornitプリンターとの下位互換性。
  • 新しいカラーマネジメント- 新しい画期的な色調整機能とオプションにより、Photoshopを使わなくても、高度で洗練されたカラー制御が可能になりました。

インクの消費量とコストをオフラインで見積り!

QuickP Designer 2.2では、特定のジョブにかかるプリント当たりのインクコストを見積もることができます。

  • カラーチャンネルごとにインクの消費量を見積り。
  • インク使用量の最適化 – プリント前にインク消費量を予測。
  • 実コストの予測 – ジョブごとの総消費量を計算するアルゴリズムにより、極めて正確にコストを予測できます。
  • インク消費見積りデータベース – 使いやすいファイルに、プリンターに送信されたすべてのジョブのインク消費量情報が蓄積されます。

製品仕様

オペレーティングシステム Windows XP Pro SP3、Windows 7(英語版)、Windows 8
ハードウェアの要件 IntelデュアルCPU 3GHz、CPU当たり2 GBのRAM、セキュリティキー用に1個のUSBポート、CDドライブが必要、C:ドライブが必要
適合規格 ICCプロファイル
対応入力ファイル形式 TIP、SCT、JPG、TGA、PNG、PSD、BMP
対応プリンター Avalanche、Avalanche DC Pro、Storm II(QuickP Production 3.0.x.x)、Avalanche 1000(QuickP Production 5.0.x.x)、Storm 931(QuickP Production 14.0.0.3または14.0.x.x)、Thunder 932(QuickP Production 14.0.0.3)、Breeze(2.0.x.x)、Paradigm II

ご相談・お問い合わせはお気軽にどうぞ!

Kornitは、捺染のあらゆるニーズに応えるソリューションを揃えています。
起業のその日からをお手伝いします。
Kornitの完全ソリューションを見る