Let's talkX

お問い合わせはお気軽にどうぞ

お問い合わせ

X

Let's talk

X
View results on a new page

極小ロット:テキスタイルのデジタル生産の進化

ファッションのライフサイクルがさらに短く

 

ファッション業界は凄まじい勢いで働き続けています。トレンドやスタイルが変化、進化すれば、生産能力もそれに応えなければなりません。   1シーズンに1コレクションだったのが、シーズン間のアイテムもデザインされるようになり、その一方でeコマースや消費者は他にない個性的な衣服を求める傾向にあります。流行の衣服の多くは1シーズンしか続かなくなったため、プリントサイクルを短縮しつつ、利益もあげなければなりません。

 

理不尽なようですが、これが消費者のニーズです。ファッションのパーソナライズ化は現実のものであり、業界の小ロット生産は新たな時代を迎えているのです。

 

業界のプリント需要はかつてないほど小ロット化しています。

生産技術もこのニーズに応えなければなりません。


極小ロットへの対応

 

一度限りの生産が当たり前のようになりつつある今日、単なる小ロット生産では不十分です。業界はパーソナライズされたファッションに対応できる新たなソリューションを求めています。  Kornit Digitalが、極小ロット生産でそれに応えます。

 

小ロットよりもさらに短い極小ロットなら、最短1メートルの布地でも捺染可能であるため、生産コストを安く抑えられます。極めて固有でありながら、安価なカスタマイゼーションを、世界中のファッションデザイナーや製造メーカーが利用できるようになったのです。

 

Kornitの極小ロットでは、従来のような生地の前処理や後処理工程の多くを排除できます。必要なのは、デジタルファイルとオペレータ1人だけです。 汎用的な1つのインクで様々な素材とすべての色域に対応できます。

 

小ロット捺染:6~8の前処理/後処理工程が必要

極小ロット捺染:小さなプリントジョブを1ステップで完了

Kornitのソリューション

 

Kornit Allegro、 大・小・極小ロットに対応可能な1ステップソリューション

Kornit Allegroの特長: 全生産プロセスを1ステップでこなせます!

  1. 服飾品をセット。  2.捺染ボタンを押す。  3.あとは断裁、縫製するだけ。(前処理/後処理は不要です!)

 

極小ロットのご利用事例

 

2008年設立のSpoonflower社は、米国ニューヨーク州ダーラムに拠点を置く、Web to Print事業会社です。フリーのファブリックデザイナーが集まる世界最大のコミュニティにサービスを提供しており、1日当たりの注文数は2,000件、平均プリント長は1~2ヤードです。デザイナーは自分のデザインをアップロードして様々な生地にプリントすることも、多様なインディデザインオプションから選ぶこともできます。

 

「Kornit Allegroなら、すべての製造プロセスを1ステップで行えます。テキスタイル業界全体が1つの機械に統合された製品と言えるでしょう」
Spoonflower社創業者 Gart Davis氏

 

ここを クリックすると、極小ロットに関するホワイトペーパーをダウンロードできます。